天気予報

33

24

みん経トピックス

高校ラグビー、入場者数記録東大阪にカニ食べ放題店

J:COM東大阪で地元情報番組「デイリーニュース」放送開始 東大阪の「今」を発信

J:COM東大阪で地元情報番組「デイリーニュース」放送開始 東大阪の「今」を発信

左からキャスターの中元麗偉美さん、おちあやこさん、三野真紀子さん

写真を拡大 地図を拡大

 ジェイコムウエスト東大阪局(東大阪市長田東5)は1月6日から、新番組「デイリーニュース」の放送を開始した。

 旬の話題やトピックスを中心に、月曜から金曜の11時~11時20分に生放送で地域情報を届ける同番組。「地域の情報メディアとして、地域の情報化を推進することで地域に貢献していくことが役割」と考えた同社が、「遠くの情報は民放やNHK、インターネットから入ってくるが、自分の住んでいる地域のことはほとんど知らなかったという人が多い」ことから、地元・東大阪の「今」をわかりやすく、タイムリーに伝える番組を企画した。同社では、市の広報番組を月曜~金曜で放送するほか、商店街や市内の量販店からの「値切り番組」やイベント紹介番組なども放送してきた。

 番組内の「ニュース&トピックス」では、行政や教育、地域イベントなど市の情報をまとめ、「まちかど注意報」では、東大阪市内の安心・安全情報をわかりやすく発信。「デイリーピックアップ」ではイベントや市内で活動する人をピックアップし、「エリア・インフォメーション」では、市民の地域参加や交流を目指し、さまざまな取り組みやイベントを紹介する。

 「情報を発信したい人と情報を求めている人の架け橋となることで、地域市民の交流を促しコミュニティーをより活発にできれば。地域に活気があふれるよう盛り上げていきたい」と、アシスタントマネジャーの堀江孝至さん。番組では、イベントや地域での取り組みに関する情報を募集。「自薦、他薦は問わないので、市民の輪が広がる情報があればお寄せいただきたい」と話す。

 放送は11時の生放送のほか、同日15時30分、22時30分から再放送する。視聴可能地域は東大阪市内のJ:COMサービスエリアで、チャンネル番号は地上デジタル11チャンネル。J:COM対応済みの建物内であれば無料で視聴できる。

グローバルフォトニュース