買う

東大阪のビーズ、キャスター付き冷蔵庫型クーラーバッグ新型「バベコロ2」

バベコロ2

バベコロ2

  •  
  •  

 自社ブランド製品の企画開発・販売を手掛けるビーズ(東大阪市川俣1)が7月、キャスター付き冷蔵庫型クーラーバッグの新モデル「バベコロ2」を発売した。

食器や道具を格納できるサイドポケット

 縦長・横開き扉のソフトクーラーボックスとして昨年発売した「バベコロ」。バーベキューをするたびに忘れ物をしたり、残っている食材が分からず余らせたりしていたという企画開発担当者の緒方さんが、自身のバーキューを快適にしようと開発したもので、冷蔵庫のように仕切りを付けて内容物の確認をしやすくし、ガスボンベや皿、割り箸、トングなどの道具を入れられるようサイドポケットを付け、持ち運びしやすいキャスター付きとした。

[広告]

 新モデルの「バベコロ2」のメイン荷室は仕切り付きの4段設計で、製品の内側や棚板の内部に強化ボードを内蔵し、前モデルより安定性を向上。サイドポケットは、まな板や包丁、アルミホイルやトングなど調理器具や、割り箸、コップなどの食器類を入れられるよう3つ付け、砂ぼこりなどがかぶらないよう、ポケットのふたをジッパー付きに改良した。上部には、変形すると困る食材などを個別に保管できるボックスを備える。

 キャスター部分とバッグ本体は面ファスナーで固定。クーラースタンドに置いたりテントの中に入れたりする際にはキャスターを取り外せるようにした。

 緒方さんは「棚板の高さは2リットルのペットボトルやビール缶が収まり、サイドポケットは割り箸、皿、カセットボンベ、トングなどがうまく収まるよう、全ての収納部分のサイズは明確な意図を持って設計している。急きょ現地調達してたまった道具の置き場所にも活用でき、道具を探すストレスも解消できる」と話す。

 カラーは、ブラックとタンの2色。本体サイズは、47センチ×37センチ×52センチ。重量は6.4キロ。価格は1万950円。

  • はてなブックマークに追加