暮らす・働く

野田義和東大阪市長が4期目初登庁 「市民の声を聞きながら市政運営を」

野田義和東大阪市長

野田義和東大阪市長

  •  
  •  

 野田義和東大阪市長が10月1日に初登庁し、本庁舎玄関前で職員や支援者に迎えられた。

 野田市長は、1987(昭和62)年10月から東大阪市議会議員を5期務め、2007(平成19)年10月28日に市長に就任。9月29日に投開票された大阪府東大阪市長選で10万3522票を獲得し、4選を果たした。

[広告]

 4期目初登庁の10月1日、本庁舎玄関前には職員や支援者が集まり、拍手で迎えられた後、駆け付けた支援者から花束が贈られた。

 野田市長は「東大阪市政が昭和42年2月1日に始まり、市長として初めての4期目を担うことになった。そのことの重みを感じている。改めて市民の皆さまと職員の皆さんと一緒に、チーム東大阪として、この素晴らしい街をもっと前に飛躍させるために頑張っていきたい。これからもより一層、謙虚にそして真摯(しんし)に市民の皆さまの声を聞きながら、一つ一つ丁寧に市政運営を行いたいと決意を新たにしている」となどとあいさつした。

  • はてなブックマークに追加