3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

東大阪・瓢箪山のカフェ「K2」で期間限定イチゴパフェ 「味の変化楽しんで」

期間限定で提供する「スペシャルイチゴパフェ」

期間限定で提供する「スペシャルイチゴパフェ」

  •  
  •  

 近鉄奈良線・瓢箪山駅近くの「Cafe&Gallery K2 ひょうたん山の秘密の部屋」(東大阪市客坊町、TEL 072-951-3953)が現在、期間限定の「スペシャルイチゴパフェ」「ちょこっとイチゴパフェ」を提供している。

店内の様子

 自宅ガレージを改装し、2014(平成26)年3月にオープンした同店。店内には販売する雑貨や食器、アクセサリーなどが並び、レンタルギャラリーとして個展も開く。

[広告]

 同店では通常、自家製ケーキとアイスクリーム、フルーツを盛った季節ごとに内容が変わる小さいサイズの「ちょこっとパフェ」を提供。毎年この時期はイチゴを使ったパフェを提供しているが、「暗い時期なので見た目にもっと楽しいパフェを作ろう」と、大きいサイズのパフェの提供を始めた。

 3月13日に大きいサイズのイチゴパフェの写真をSNSに投稿したところ、多くの反応があったというが、「自分では見た目に納得がいっていなかった」と店主の吉川紀美さん。「パフェは見た目も大事。でも見た目だけを意識して触りすぎるとイチゴが傷んでしまう。イチゴをたくさん使ってアイスクリームと層にすることは決まっているが、上部の飾り付けをどうするか」と、デザイン面で試行錯誤した。

 17日に完成した「スペシャルイチゴパフェ」(980円)は、瓢箪山駅前の「フルーツなかにし」(神田町)のイチゴ2種を使う。一番上に大粒のイチゴをのせ、チョコレートでドットを描いてイチゴに見立てたストロベリーアイス、カットしたイチゴと生クリーム、その下には、自家製の抹茶シフォンケーキ、ブラウンシュガーのアーモンドケーキ、イチゴ、バニラアイス、凍らせたイチゴ、一番下にあっさりした牛乳かんが重なっている。小さいサイズの「ちょこっとイチゴパフェ」は580円で提供する。

 「最後までおいしいパフェを目指し改良した。味の変化を楽しんでほしい」と吉川さん。2カ月間程度の提供を予定する。

 営業時間は11時~18時。木曜・第1日曜定休。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home