新型コロナ関連東大阪、28日の新規陽性者4人

食べる 買う

東大阪に期間限定「珈琲とハンバーガーのお店。アメ」 カフェ定休日に間借り営業

「珈琲とハンバーガーのお店。アメ」を運営する有田亘さん(左)と羽野雄大さん(右)

「珈琲とハンバーガーのお店。アメ」を運営する有田亘さん(左)と羽野雄大さん(右)

  • 26

  •  

 花園中央公園近くの「珈琲(コーヒー)とコインランドリーのお店。ハレ」(東大阪市鷹殿町、TEL 072-920-7115)で現在、2月の火曜限定カフェ「珈琲とハンバーガーのお店。アメ」がオープンしている。

オリジナルバーガー

 「珈琲とハンバーガーのお店。アメ」を運営するのは、大阪教育大学教育学部4年の有田亘さんと立命館大学経営学部3年の羽野雄大さん。2人は高校時代の同級生で、近い将来、コーヒーとカレーをメインにするカフェを開業したいという夢を持つ。

[広告]

 以前から同店を利用していた羽野さんがアルバイトの募集をしていないかオーナーの大和夏花さんにたずねたところ、「アルバイトの募集はしていないが、1日限定で自分たちでやってみる?」と提案を受けた。これまで食べ歩いてカレーやハンバーガーを研究していた2人は、同店のメニューにないハンバーガーと、ハンバーガーに合うコーヒーを提供する店にしようと決めた。

 オリジナルバーガーは、レタス、トマト、スライスオニオン、パティ、オリジナルのネオオーロラソースを重ねたハンバーガーで、「パンチのある味が好きで肉に負けないソースを作った」と有田さん。バンズは複数取り寄せて食べ比べた中からパントロン(四条町)のものに決め、パティのサイズに合わせ、食べやすい厚みのバンズを別注した。「バンズはハンバーグを焼いた肉汁でカリッと焼いている」と羽野さん。ポテトにはオリジナルのアイオリソースを添える。オリジナルバーガーはポテト付き650円。

 ドリンクは、コロンビアをベースにしたオリジナルブレンドコーヒー、紅茶(以上400円)、瓢箪山サイダー(350円)、瓶コーラ(300円)などで、ドリンクも通常営業時とは別のものを用意する。

 当初は2月2日に1日限定で営業する予定だったが、好評だったことから2月の毎週火曜に営業することが決定。2月23日が最終営業日。

 最終営業に向け2人は「今まで3回営業して、毎回フィードバックをもらって改良している。1週ごとに細かい部分を改良しているので、その集大成となるハンバーガーを作りたい」と意気込む。テークアウトも可能で、「ピーク時はキャパオーバーになってしまうので、来店の時間を伝えてもらえたらスムーズに渡せる」とも。

 営業時間は11時~19時。

  • はてなブックマークに追加