新型コロナ関連東大阪市、新規陽性者69人

買う

東大阪・布施に改良メダカ専門店「めだか屋Me」 「改良メダカの魅力広めたい」

桃田一成さんと雅奈未さん

桃田一成さんと雅奈未さん

  • 21

  •  

 改良メダカ専門店「めだか屋Me(ミー)」(東大阪市足代新町、TEL 06-4309-5219)が3月27日、近鉄布施駅近くにオープンした。

人気の「坂出 三色直系」

 桃田一成さん・雅奈未さん夫婦が経営する同店。一成さんは結婚前からメダカの飼育経験があり、雅奈未さんはハロプロ関西所属のアイドルとして活動した経歴を持つ。2年ほど前から自宅でメダカを飼い始め、「改良メダカは今600品種ほどあり、その多様さが魅力。ヒーターやポンプなどの機材も必要なくベランダでも飼える。自分の手で品種改良ができるので全国にファンが多いが、大阪には専門店が少なくまだ認知されていないので、改良メダカの魅力を広めたい」と、専門店を開いた。

[広告]

 桃田さんは、店とは別の飼育場で約60品種を飼育・繁殖しており、8坪の店内ではブリーダーから仕入れたものも含め、常時約30品種を販売。利用客の要望などを聞きながら、随時入れ替えをしていくという。

 店内には、改良メダカブームのきっかけとなったという「幹之(みゆき)メダカ」(200円)や、中里良則さんブリード「プラチナ幹之」(800円)、「MIXだるま」(800円)、「サタン」(1,000円)など、色や体型、目の形、ヒレの長さがさまざまなメダカの若魚~成魚を販売。墨が濃く出た「坂出 三色直系」(1ペア=1万5,000円)、中里さんブリード「プラチナ幹之リアルロングフィン」(トリオ=3万円)など高額品種も扱う。

 来店者は「初心者や最近飼い始めたという人も多く、1ペアだけ買う人もいれば、増やしたい人はオス1匹に対してメス2匹を買っていく。平日の夕方から夜にかけての時間帯の来店が多い」という。

 改良メダカの魅力について「この品種にラメを入れたい、尾を長くしたいなど品種改良は無限に広がっていく。100人いたら100通りの改良メダカができる」と、一成さん。雅奈未さんは「買わなくてもいろんな種類のメダカを見に来てくれるだけでもうれしい。金魚すくいより難しいメダカすくいにも挑戦してほしい」と笑顔を見せる。

 「大阪で日本一のメダカイベントをやりたい。大阪でメダカブームが起こるきっかけになれば」と、イベント出店にも意欲を見せる。

 営業時間は、火曜~金曜=12時~20時、土曜=12時~17時30分。日曜・月曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース