新型コロナ関連東大阪市、新規陽性者69人

暮らす・働く

東大阪の町工場をバーチャルで見学「OSAKA町工場EXPO」 経営者のスピーチも

OSAKA町工場EXPO2021

OSAKA町工場EXPO2021

  • 121

  •  

 東大阪などの町工場内をバーチャルで見学できるオンライン展示会「OSAKA町工場EXPO2021」が4月1日、始まった。

 製造業を中心とする中小企業の営業支援や商品開発を手掛けるMP-Strategy(東大阪市花園東町2)が、「新型コロナウイルス感染拡大に伴い工場見学や展示会が減少する中、ありのままの工場や経営者の思いを伝えられるDX戦略を」と企画し、昨年11月18日~12月31日の期間に1回目を開催した。

[広告]

 ウェブサイト上では、出展企業の工場見学をバーチャルで体験できるほか、経営者がオンラインでプレゼンテーションを行うプログラムを展開。前回は8社が出展し、期間中、2100人が閲覧した。経営者のプレゼン後には、プレスの見積もり依頼やねじの新商品企画の商談、店舗向け看板の試作の発注と製品化の商談などにつながったという。

 今回は新規出展企業が6社増え、13社で開催。新規出展企業は、ジャックスクリーン(八尾市)、中農製作所(東大阪市)、大隅自動車商会(大阪市)、飛鳥鉄工所(大阪市)、近畿工業(東大阪市)、梅南鋼材(大阪市)。

 企業ごとにページを設け、バーチャルツアー、会社概要、強みなどを紹介。バーチャルツアーでは、それぞれの工場やオフィスを360度見学でき、工場内の写真や動画のアイコンからは、製品の写真や各設備でどのような加工ができるかを画像や動画で見ることができる。4月14日からは英語サイトもオープンした。

 4月28日16時30分からは、新規出展6社の経営者がオンラインで自社の強みをプレゼンする6分間スピーチを開催。スピーチの視聴は事前申し込みが必要で、終了後には質疑応答の時間を設ける。参加無料。プレゼンの様子は後日、録画した動画を掲載する。

 MP-Strategy代表の目黒充明さんは「製造を依頼したい企業の人だけでなく、製造業で働きたいと思っている人にも見てもらいたい」と視聴を呼び掛ける。

 12月31日まで。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース