新型コロナ関連東大阪市、新規陽性者69人

見る・遊ぶ

近鉄ライナーズ、ホーム花園でパナソニックに敗れる プレーオフ2回戦

パナソニックSO松田力也の突破を止める近鉄LOマイケル・ストーバーク

パナソニックSO松田力也の突破を止める近鉄LOマイケル・ストーバーク

  • 22

  •  

 東大阪市花園ラグビー場(東大阪市松原南1)で4月25日、ジャパンラグビートップリーグ2021プレーオフトーナメント2回戦が行われ、トップチャレンジリーグの近鉄ライナーズがホワイトカンファレンス1位のパナソニックワイルドナイツに7-54で敗れた。

試合開始前、円陣を組む近鉄ライナーズ

 トップチャレンジリーグから唯一2回戦に進み、目標のトップ8に挑んだ近鉄。緊急事態宣言の初日、3989人の観客を入れて試合が行われた。

[広告]

 前半16分、タックルを受けた近鉄のFLジェド・ブラウンがFBセミシ・マシレワにパスを返し、WTBジョシュア・ノーラが先制のトライ。スタンドから大きな拍手が起こった。CTBステイリン・パトリックのコンバージョンも決まり、7-0とした。28分には、パナソニックのNo.8ジャック・コーネルセンにトライを奪われたが、強敵を相手に7-7の同点で折り返した。

 後半は、開始4分にジャック・コーネルセンの2本目のトライでパナソニックが勝ち越し。WTB福岡堅樹の2トライを含む6トライを挙げられ、7-54で近鉄はシーズンを終了。目標のトップ8には届かなかった。

 近鉄の有水剛志ヘッドコーチは「前半は勝負できるゲーム展開に持ち込めたが、後半途中から徐々に自分たちのプレーが出せなくなってトップチームとの差を感じた。前半にもう少しリードして後半を迎えたかった」と振り返る。前日は、選手、スタッフともに有観客かどうかの連絡を待っていたといい、「ホームでファンの前でゲームができるということがモチベーションにつながった」と話す。

 ゲームキャプテンのマイケル・ストーバークは「近鉄のサポーターは特別な存在。彼らのサポートは情熱的でパワーを与えてくれる」と有観客で試合ができたことに感謝し、CTBシオサイア・フィフィタは「負けてしまったがいい経験ができた。無観客かもと思っていたが最終的に皆さんの前でプレーできてよかった。ミスもたくさんあったので練習して成長していきたい」と意欲を見せる。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース