見る・遊ぶ 暮らす・働く

東大阪市「トライくん」とJ:COM「ざっくぅ」コラボイラスト ラグビーW杯アピール

東大阪市のマスコットキャラクター「トライくん」とケーブルインターネットZAQのキャラクター「ざっくぅ」のコラボレーションイラスト

東大阪市のマスコットキャラクター「トライくん」とケーブルインターネットZAQのキャラクター「ざっくぅ」のコラボレーションイラスト

  •  
  •  

 ジェイコムウエスト東大阪局(東大阪市長田東5)は3月28日、東大阪市のマスコットキャラクター「トライくん」とケーブルインターネットZAQのキャラクター「ざっくぅ」のコラボレーションイラストを公開した。

マフラータオル

 両者は昨年9月15日、相互に連携・協力し、協働による活動を推進することで地域社会の発展に貢献することを目的に包括連携協定を締結。安全・安心なまちづくり、教育および文化の振興、地域の魅力・情報の発信に関することなど、5項目においてさまざまな取り組みを進めている。

[広告]

 同局では協定締結後、J:COMのビデオ・オン・デマンドサービスを活用した「募金オンデマンド」で、「東大阪市花園ラグビー場応援募金」を実施。寄付金はラグビーW杯2019花園開催やラグビー場改修にかかる費用、ラグビーの普及および育成費用として活用されるという。

 「トライくん」と「ざっくぅ」のコラボレーションイラストの作成は同協定の一環で、同局では同イラストを使ったマフラータオルとクリアファイルを製作。同グッズは4月1日からアンケート協力者に無料で配布する。実施店舗は、ジェイコムショップイオン東大阪店(荒本北2)、布施駅前店(長堂1)、瓢箪山駅前店(昭和町)の3店舗(なくなり次第終了)。そのほか、同局の営業車約50台に同イラストのステッカーを貼り、「ラグビーのまち東大阪」の認知向上とラグビーW杯2019花園開催をアピールする。

 同局ではラグビー応援番組「熱血!トライあんぐる」の放送もしており、今後は東大阪市内でラグビーに関するイベントを実施する予定。地域プロデューサーの中飯寛雄さんは「コラボグッズは今後も増やしていく。ラグビーを知らない人にも認知してもらえるよう取り組んでいきたい」と話す。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ