3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

東大阪市、プレミアム付き商品券第2回発行へ 限定2万冊

「東大阪スクラム商品券」ポスター

「東大阪スクラム商品券」ポスター

  • 0

  •  

 東大阪市は10月2日と3日、今年2回目となるプレミアム付き共通商品券「東大阪スクラム商品券」の販売を行う。

 2003年に初めて発行し、今年で8回目の発行となるプレミアム付き商品券。今年はラグビーワールドカップ2019花園開催決定記念とし、前回より高いプレミアム率20%を付与。7月に1回目の販売を行い、8万冊が完売した。

[広告]

 商品券は500円券24枚をつづったもので、うち12枚は店舗面積500平方メートル以下の小型店専用券。1回目販売時は利用可能店舗が約1200店舗だったが、「いろいろなところから関心が寄せられ、現在は約1500店舗に増えた」と、経済部商業課担当者。8月31日時点で店舗から事務局への換金は500円券103万9645枚、約5億2,000万円分が換金されているが、「まだ換金されていない店舗もあると思うので、実際はもう少し利用されていると思う」と話す。

 販売時間は、安全面への配慮などから各日10時からに変更。今回は郵便局での販売はなく、商店街やイオン鴻池店、イトーヨーカドー東大阪店など16カ所で販売する。市役所本庁舎1階多目的ホールでは10月2日のみ販売する。今回は、昭和30年~40年代の市内の商店街の写真を使ったオリジナルカレンダーを各販売所で各日先着50人に配布する。市では近隣への配慮から、早朝からの整列を控えるよう呼び掛けている。

 発行冊数は2万冊。購入は1人2冊まで。各日完売次第終了。商品券の有効期間は12月31日まで。販売所や各販売所での販売予定冊数は「スクラム商品券」ウェブサイトで確認できる。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home