見る・遊ぶ

「東大阪チャリティ野球」開催へ 06ブルズ対ドラゴンゲート、福本豊さん「盗塁狙う」

「東大阪チャリティ野球対決!」

「東大阪チャリティ野球対決!」

  •  
  •  

 花園セントラルスタジアム(東大阪市松原南1)で9月26日、プロ野球関西独立リーグの「06(ゼロロク)ブルズ」とプロレス団体「ドラゴンゲート」のチャリティー野球対決イベントが開かれる。

 同球場をホーム球場とする06ブルズと神戸市を本拠地とするドラゴンゲートのチャリティー野球対決は今年で3回目。ドラゴンゲートには東大阪出身の吉野正人選手が所属しており、06ブルズ公式戦での始球式やドラゴンゲート東大阪大会などで親交を深めてきた。

[広告]

 同イベントは、吉野さんが中学まで野球をしていたことから企画。ドラゴンゲート内の野球経験者を集めた野球部を結成し、2017(平成29)年に初開催した。イベントの入場料から経費を差し引いた収益を「ラグビーのまち東大阪基金」に寄付しており、これまでに約50万円を寄付した。

 今年は、吉野選手と親交がある元阪急ブレーブスの「世界の盗塁王」福本豊さんがドラゴンゲートの監督兼選手として出場。吉野さんは監督としてオファーしたが、福本さんは「選手としても出たい」と言い、「盗塁の世界記録を塗り替えるつもり」と意欲を見せているという。

 06ブルズ側は、元近鉄バファローズで現・06ブルズ監督の村田辰美監督、元阪神タイガースの選手で8月から06ブルズでコーチを務める桜井広大さん、所属選手26人が出場。軟式野球で対決する。

 06ブルズ理事の安原武男さんは「双方のファンの間で恒例イベントという雰囲気が強くなっており、遠方からの来場も年々増えている。お楽しみの要素も含め、普段見られない選手たちの表情を見に来てほしい」と来場を呼び掛ける。

 11時開場、12時試合開始。入場料は2,000円(未就学児無料)。雨天中止。

  • はてなブックマークに追加