暮らす・働く

東大阪市から相馬市へ、緊急救援物資輸送車が出発 義援金募金箱も

東大阪市役所を出発する緊急救援物資輸送車

東大阪市役所を出発する緊急救援物資輸送車

  •  
  •  

 東大阪市役所本庁舎から10月16日、支援物資を積んだ緊急救援物資輸送車が福島県相馬市に向け出発した。

支援物資を積んだトラック

 東大阪市は、台風19号による豪雨で甚大な被害を受け、断水が続く相馬市に、飲料水(490ミリリットル)9600本、エマージェンシーブランケット3000枚を支援物資として提供することを決定。市役所正面玄関前で出発式が行われた。

[広告]

 出発式で野田義和東大阪市長は「今後も可能な支援を続けていきたい」とあいさつ。トラックで物資を届けるドライバーに「安全運転で相馬市まで届けてください」と激励した。

 東大阪市では市内10カ所に、台風19号災害義援金募金箱を設置。設置場所は、市役所本庁舎1階市政情報相談課、日下、四条、中鴻池、若江岩田駅前、楠根、布施駅前、近江堂の7カ所の行政サービスセンター、上下水道局水道庁舎(若江西新町1)、市立東大阪医療センター(西岩田3)。受付時間は、平日9時~17時30分。義援金は、共同募金会を通じ被災者に届けられる。

  • はてなブックマークに追加