見る・遊ぶ

近鉄ライナーズのトンプソンルーク選手が花園凱旋試合出場へ イベント開催も

練習後、報道陣の取材に応じるトンプソンルーク選手

練習後、報道陣の取材に応じるトンプソンルーク選手

  •  
  •  

 東大阪市花園ラグビー場(東大阪市松原南1)で11月24日、2019ジャパンラグビートップチャレンジリーグ第2節近鉄ライナーズ対豊田自動織機シャトルズ戦が行われる。

 近鉄の今季開幕戦となった11月17日のヤンマーフィールド長居で行われた清水建設ブルーシャークス戦では、ラグビーW杯2019日本大会に出場したLOトンプソン ルーク選手が先発出場。2部リーグでは異例の5068人が観戦に訪れた。

[広告]

 今季、最初で最後の本拠地・市花園ラグビー場での試合となる24日の豊田自動織機戦は、トンプソン選手、元オーストラリア代表のSOクウェイド・クーパー選手らがスタメンに名を連ね、W杯2019オーストラリア代表のSHウィル・ゲニア選手がリザーブでメンバー入りする。

 同チームでは今季から、「試合観戦以外にも楽しめる遊び場を作ろう」と、「LPG(LINERS PLAY GROUND)」プロジェクトに取り組んでいる。

 同プロジェクトでは、ラグビー場正面ゲート前の噴水広場周辺で11時から、花園ラグビー場を背景にトンプソン選手やセミシ・マシレワ選手らの等身大パネルを設置するフォトスポットを設置。女性限定企画として、フォトスポットで写真を撮ってSNSに投稿した女性先着200人に「ラビナーカフェ」オリジナルスリーブを付けたホットドリンクを進呈する。ツイッター投票で人気だったデザインを商品化した創部90周年Tシャツなどのグッズ販売や、パスターゲットやゴールキック、トライなどが体験できる「ラグビーパーク」開催などのイベントも展開する。

 試合終了後はラグビーワールドカップ2019ルームで、前日までにサポーターズクラブに入会した人を対象にサイン会を行う。参加には、11時から配布する参加証が必要(配布時間を早める可能性もあり)。先着120人。

 当日は「東大阪市民デー」として、東大阪市内在住・在勤者を対象に試合観戦料金を、大人=500円、小・中学生無料にする(要身分証提示)。当日は混雑が予想されるため、快速急行・急行列車が最寄り駅の東花園駅に臨時停車する。

 トンプソン選手は「今週の試合、本当に楽しみです。みんな、近鉄を応援してください。よろしくお願いします」と呼び掛ける。

 13時キックオフ。

  • はてなブックマークに追加