3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 学ぶ・知る

東大阪市文化創造館のものづくりワークショップ、親子らで朝からにぎわう

菓匠庵白穂のワークショップではサンタクロースとトナカイの練り切り菓子を作った

菓匠庵白穂のワークショップではサンタクロースとトナカイの練り切り菓子を作った

  • 44

  •  

 東大阪市文化創造館(東大阪市御厨南2)で12月7日、ものづくり体験イベント「ワークショップアカデミー in 東大阪市文化創造館」が開かれ、1500人以上の親子連れでにぎわった。

食品サンプルを作るワークショップではレンゲにのせるチャーハンを作った

 9月に開館した市文化創造館が、同館の認知向上とにぎわいづくりを目的に企画した同イベント。大ホール以外の全館を使い、29のものづくりワークショップと小ホールを使った歌やダンスのワークショップを展開した。

[広告]

 当日は開館前から多くの人が並び、整理券を求めた。整理券を発行しないワークショップには順番を待つ人の列ができ、食品サンプル作り「とみさんの工房」は、約1時間30分待ちの人気ぶりだった。

 作ったサンタクロースの紙人形でコマ撮りアニメーションを作るmoogabooga(むーがぶーが)のワークショップや、サンタクロースとトナカイの練り切り菓子を作る菓匠庵白穂の和菓子作り体験、neigeのクラフトバンドを使ったクリスマスツリー作りなど、クリスマスシーズンを楽しむワークショップも多く、筆で好きな文字を書いてオリジナルカレンダーを作る「秀鳳書の教室」のワークショップでは、名前や打ち込んでいるものを書き、来年への願いを込めた。

 食品サンプル作りを体験した9歳男児の母親は「チラシを見て食品サンプルを作りたいと決め打ちで来た」といい、チャーハンそっくりのサンプルを作る様子を見て「家庭にある材料でできるものだし、限られた時間と材料の中でどれぐらいオリジナリティーを出せるかという点にこだわって取り組んでいた」と話す。体験した男児は「盛り付けるのが難しかったけど楽しかった」と満足そうに話していた。

Stay at Home