見る・遊ぶ

全国高校ラグビー大会、桐蔭学園が連覇 後半、京都成章を突き放す

桐蔭学園が連覇を果たした

桐蔭学園が連覇を果たした

  • 19

  •  

 東大阪市花園ラグビー場(東大阪市松原南1)で1月9日、第100回全国高校ラグビー大会の決勝戦が行われ、桐蔭学園(神奈川)が京都成章(京都)を32-15で制し、2連覇を果たした。

 決勝戦は、2連覇を狙う桐蔭学園と初の決勝進出となった京都成章が対戦。前半2分、京都成章がペナルティーゴールで先制したが、同19分、ゴール前のラックから桐蔭学園のLO青木恵斗が持ち出しトライ。ゴールも成功させ7-3と逆転した。同26分、桐蔭学園がペナルティゴールを成功し、10-3としたが、同30分、京都成章がトライとゴールを決め、10-10で折り返した。

[広告]

 後半は桐蔭学園が3本のトライで突き放し、同30分に京都成章がトライを決めたが、32-15で桐蔭学園が勝利した。

 試合終了後、連覇した桐蔭学園の藤原秀之監督は「個人技が目立ったところが大きかった。3年連続経験している佐藤健次が一番安定しているのが分かっていたし、昨年、青木もここで経験しているので落ち着いていたというのが前半見たところで、本人たちも前進できているし、後半どうするんだとという話をしたら普段通りということだったので、落ち着いて見ていた。今日は一歩でも前に出るというのがテーマだったので、低い姿勢と1センチでも0.5ミリでも前に出ろと話をしたので、それが実践できたのでは」と試合を振り返る。

 悲願の花園初優勝とはならなかった京都成章の湯浅泰正監督は「(選手は)しっかりと成章のアタックとディフェンスをやりきってくれたと思う。満足している。今年は本当に大変だったので、よくやってくれたなと。新しい歴史を作ってくれた。(初めての決勝は)楽しかった」と決勝の感想を話し、対戦相手の桐蔭学園については、「対応力が非常に高いと分かっていて想定していたが、うちのディフェンスも良かったが、ちょっとしたミスを逃さなかった。いいチームと決勝で対戦させていただいた」と振り返る。「(準優勝という結果に)あかんのかも知らんけど満足している」と選手に感謝の言葉をつづった。

 100回記念大会の今大会は史上最多の63校が出場。新型コロナウイルス感染拡大防止のため全試合が無観客で行われ、期間中は1校の棄権もなく、全試合を無事に終え閉幕した。

  • はてなブックマークに追加