新型コロナ関連東大阪市、新規陽性者29人

見る・遊ぶ

花園近鉄ライナーズ、今季スローガンは「近鉄漢」 追加加入選手の発表も

花園近鉄ライナーズの2021-2022シーズンのスローガン「近鉄漢-KINTETSU MAN-」

花園近鉄ライナーズの2021-2022シーズンのスローガン「近鉄漢-KINTETSU MAN-」

  • 31

  •  

 来年1月に開幕するラグビー新リーグ「リーグワン」2部の花園近鉄ライナーズが9月2日、2021-2022シーズンのスローガンを「近鉄漢-KINTETSU MAN-」とすることを発表した。

[広告]

 スローガンには「会社・チームの代表として、人や社会から愛され、尊敬され、憧れられ、信頼され、誇りに思われ、また地域社会やラグビー界に貢献できる存在になることを目指す」との思いを込める。

 同時に、フランカー/No.8の野中翔平選手が今シーズンの主将を務めることを発表。野中選手は「チャンピオンシップを目指しているので、勝つことはもちろん求め続けていくが、まずそれに値するチームを作っていきたい。『良い』人間が『良い』ラグビーをして『良い』結果を生む、それを今年1年間追い求めていきたい」とコメントを寄せる。

 追加の新加入選手は、フランカー横井隼選手、フッカーのマヒナ・アルファネスタ選手、プロップのレイルアマーフィー選手の3人。

 横井選手は「歴史あるライナーズでラグビーができることに感謝し、ひたむきにプレーしたい」、アルファネスタ選手は「早くチームに合流して練習に参加したいとワクワクしている」、レイルア選手は「花園近鉄ライナーズに加入する機会をいただき、とても興奮している。新しいチームメイトに会えることを楽しみにしているし、切磋琢磨し自分自身をスキルアップしてチームのために貢献できれば」とコメントした。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース