新型コロナ関連東大阪市、新規陽性者448人

見る・遊ぶ

全国高校ラグビー大会、東海大大阪仰星が4大会ぶり6度目の優勝 

前半12分にトライを決めた東海大大阪仰星CTB中俊一朗選手

前半12分にトライを決めた東海大大阪仰星CTB中俊一朗選手

  • 31

  •  

 第101回全国高校ラグビー大会の決勝が1月8日、東大阪市花園ラグビー場(東大阪市松原南1)で行われ、東海大大阪仰星(大阪第2)が国学院栃木(栃木)を36-5で制し、4大会ぶり6度目の優勝を果たした。

最後まで闘志を見せた国学院栃木

[広告]

 決勝戦は、Aシードの東海大大阪仰星とBシードで決勝初進出の国学院栃木が対戦。東海大大阪仰星は前半6分、NO8薄田周希主将が先制のトライ。さらに同12分には、CTB中俊一朗選手が中央にトライし、12-0とリードを広げた。

 国学院栃木は同22分、モールで押し込み最後はHO吉田温広選手がトライ。その後、東海大大阪仰星は同25分にペナルティゴールを決め、15-5で前半を折り返した。

 後半20分、東海大大阪仰星は敵陣22メートル付近の左ラインアウトからモールで押し込み、LO奥平一麿呂選手がトライを決め、国学院栃木を突き放した。東海大大阪仰星はその後2トライを奪い、36-5で勝利を収めた。

 第101回の今大会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため開幕から3回戦までは無観客で開催。準々決勝から観客を入れて行われた。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース