天気予報

25

15

みん経トピックス

東大阪で石切丸・小狐丸公開東大阪の神社で手作り市

大阪府立中央図書館で春季企画展示 自然科学テーマに博物館と連携

大阪府立中央図書館で春季企画展示 自然科学テーマに博物館と連携

レテノールモルフォやエガモルフォなど「きらめく蝶」の標本を展示

写真を拡大 地図を拡大

 大阪府立中央図書館(東大阪市荒本北1、TEL 06-6745-0170)1階展示コーナーで4月11日、自然科学をテーマにした2つの企画展示が始まった。

ウスキンコガネの標本

 4月23日の「子ども読書の日」に合わせ、「子どもたちに本を読んでもらう入り口になれば」と、書籍を所蔵する図書館と現物資料を所蔵する博物館が連携した同企画。

 大阪府営箕面公園昆虫館出張展示「すごいぞ昆虫」では、今月1日にリニューアルオープンした新しい昆虫館を紹介する。同館で開催する企画展示「きらめく昆虫展」から、南米に分布し世界で最も美しいチョウといわれるレテノールモルフォやエガモルフォ、マルクスモルフォ、オセアニアに分布するオオルリアゲハなど、「きらめく蝶」の標本を展示する。中南米の高標高地に分布するウスキンコガネや世界各地で集めたタマムシなど、光り輝く昆虫の標本も並べる。

 パネル展示では、箕面公園や大阪府内に生息する昆虫を季節ごとに紹介。映像シアターやキッズコーナー、放蝶園など、新しくなった施設についても紹介し、昆虫に関連する書籍を集めた。

 大阪市立自然史博物館出張展示「イチ押し!瀬戸内海の自然トピックス」は、同館が5年間にわたり、瀬戸内海沿岸の博物館、水族館、研究機関と連携して調査研究した資料の中から、瀬戸内海の特徴的な自然をトピック形式で紹介する巡回展。「レッドリスト」で絶滅危惧II類に指定されているシロチドリなど干潟に生息する鳥類は標本を展示し、干潟の底生生物や塩湿地に生える植物なども紹介する。

 今月23日は、箕面公園昆虫館のリニューアルを記念し、中峰空新館長を招き、昆虫の魅力を語る講演会を開催する。身近な昆虫をテーマとし、昆虫の鑑賞も行う。開催時間は14時~15時。参加無料。定員70人。

 開館時間は9時~19時(土曜・日曜・祝日は17時まで)。月曜定休、4月13日休館。5月7日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング