天気予報

17

15

みん経トピックス

東大阪に農産物直売所東大阪で昆虫館出張展示

石切劔箭神社で春季大祭宝物館公開 「石切丸」など初の夜間特別公開も

石切劔箭神社で春季大祭宝物館公開 「石切丸」など初の夜間特別公開も

石切劔箭神社所蔵「石切丸」

写真を拡大 地図を拡大

 石切劔箭(いしきりつるぎや)神社(東大阪市東石切町1、TEL 072-982-3621)で4月15日・16日、春季大祭に合わせ宝物館の一般公開と夜間特別公開が行われる。

 4月の春季大祭と10月の秋季大祭に宝物館を一般公開している同神社。

 名刀を擬人化した「刀剣男士」を育成するオンラインゲーム「刀剣乱舞」のキャラクターに、同神社所蔵の刀剣「石切丸」「小狐丸」が登場することから、近年、刀剣ファンや同ゲームのファンが同神社や参道商店街を訪れており、宝物館公開時にも多くの女性ファンが来館している。

 一般公開は9時~16時、同神社所蔵の刀剣や銅鏡、瓦、古文書などを展示する。夜間特別公開は18時~20時、刀剣のみを展示する。夜間特別公開の観覧には「御守手形」が必要となり、4月16日19時30分まで境内授与所で授与する。

 同神社職員は「例年、日中の一般公開のみ行っていたが、崇敬会員を含め崇敬者の方にも刀剣に興味を持っている方が多数いらっしゃるため、浄闇(じょうあん)の中で刀剣をご覧いただこうと夜間の特別公開を企画した」と話す。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング