食べる

東大阪・近畿大学近くにカレー「りんりん」 「麻婆カレー」提供、夜営業も

店主のりんりんさん

店主のりんりんさん

  •  
  •  

 近鉄大阪線・長瀬駅近く、通称・近大通りにカレー「りんりん」(東大阪市小若江1、TEL 090-6825-7991)がオープンし、2カ月を迎える。

麻婆カレーとココナツカレーのあいがけ

 2月15日にオープンした「麺や清流」と同一店内に出店する同店。店主のりんりんさんは2016年2月、「北新地 林家」の名前で北新地にカレー店をオープン。ランチタイムのみ、1年間営業した。麺や清流のオーナーは以前からの知人で、現在の店舗でのオープンが決定した後はオーナーが経営するラーメン店を手伝い、2月26日に「りんりん」をオープンした。店舗の入り口は1カ所で、入って左側が麺や清流、右側がりんりんになっている。

[広告]

 8坪の店内には8席を設け、壁面には手書きでメニューを記載。メニューは、麻婆カレーとチキンキーマで、水曜・金曜・土曜はココナツカレー(各700円)も提供。あいがけ2種は900円。麻婆カレーには絹ごし豆腐と四川さんしょうを使い、カレーは水を入れずにベジスープを入れる。「ラーメン店を手伝っていた時にスープの取り方を学んだ。ココナツカレーにダシを入れているのがこだわり」とりんりんさん。

 ライスは白米とターメリックライスから選ぶことができ、ライス、ルーそれぞれ大盛り100円。トッピングはスパイス卵、フライドオニオン、炙(あぶ)りチーズ、うま辛ふりかけ(以上100円)、もつニラ(250円)。学生はライス大盛りと100円トッピング無料。辛さ、痺れともに増すことができる(50円~)。学生はチキンキーマの注文が多く、一般はあいがけが多いという。

 水曜・金曜・土曜は18時~22時も営業し、グラスワイン(280円)、ハイボール(380円)、瓶ビール(550円)などアルコール類のほか、スパイシーキーマ春巻(1本200円)、ほっとポテサラ(380円)、自家製ピクルス(480円)などアテ類や、天津麻婆カレー丼(800円)なども提供。

 「気軽に入ってもらいたいとガラス張りでオープンにしているが、昼間は光が反射して中が見えず入りにくいと言われる。もっと学生さんに来てもらいたい。夜はカレー以外のアテもあるので、ちょい飲みにも利用してほしい」とりんりんさん。期間限定メニューなども提供していきたいと話す。

 営業時間は、11時~15時、18時~22時(夜の営業は水曜・金曜・土曜のみ)。木曜定休。4月27日・28日は臨時休業。

  • はてなブックマークに追加