見る・遊ぶ 暮らす・働く

東大阪市役所、職員がラガーシャツでW杯PR クールビズ始まる

市職員がラガーシャツ着用でラグビーW杯花園開催をPR

市職員がラガーシャツ着用でラグビーW杯花園開催をPR

  •  

 節電や地球温暖化防止を目的に職場での軽装を奨励する「クールビズ」が5月1日に始まり、東大阪市役所では職員ら有志がオリジナルラガーシャツで業務にあたった。

ラガーシャツで公務にあたる野田義和東大阪市長

 同取り組みは、「市役所を訪れる人に『ラグビーのまち東大阪』らしさを感じてもらい、ラグビーW杯2019誘致のムードを高めたい」と、ラグビーワールドカップ誘致室(現:花園ラグビーワールドカップ2019推進室)の職員が2010年に企画したもので、市のマスコットキャラクター「トライくん」が着用するラガーシャツのデザインを採用。カラー展開は青とピンクの2色。

[広告]

 2014年には、襟が赤く、背中にトライくんのイラストと「ラグビーのまちHIGASHI OSAKA」と書かれた、市民からのデザイン公募によるラガーシャツも誕生し、市アンテナショップ「めっけもん もうけもん まいど!東大阪」(東石切町)やイトーヨーカドー東大阪店で一般向けに販売もしている。

 ラガーシャツの着用は自由だが、初日は約300人の職員がラガーシャツ姿で勤務。野田義和東大阪市長は「楽でいい。このまま花園にラグビーボールをつかみに行きたい感じ」と言い、「職員の姿を見て市内の事業所や新規採用の職員も積極的に着てくれている。みんなで頑張っていこうという精神をラガーシャツが表してくれている」と話す。

 本年度は10月31日まで実施。