見る・遊ぶ 学ぶ・知る

大阪府立中央図書館で中高生が作った「本のPOP」展示 930作品ズラリ

高校の部最優秀賞作品

高校の部最優秀賞作品

  •  

 大阪府立中央図書館(東大阪市荒本北1、TEL 06-6745-0170)1階展示コーナーで現在、中高生が応募した本のPOPを展示する「第11回あなたのおすすめ 本のPOP広場」が開催されている。

中学の部最優秀賞と優秀賞作品

 若い世代の読書離れが進む中、読んだ本の素晴らしさを表現して伝え合う機会を設け、同世代の人が作ったPOPを見ることで本を読むきっかけにしようと始まった同取り組み。

[広告]

 応募資格は中学生・高校生と相当年齢の人で、漫画本以外の図書を対象にオリジナルのPOPを募集する。大きさは決まっているが形は自由で、手書きされた作品に限り、切り絵や立体も可。

 学校単位での応募は1校につき100点以内とし、事前に学内で審査した上で応募。今年は中学の部に590作品、高校の部に340作品の応募があった。府内からの応募が多いが、「インターネットで見て知った」など、他県からの応募もある。

 一次選考では館内の職員約80人が、「オリジナリティーがあり、自分の言葉でその本を読ませたいと思わせているか」をポイントに、中学生の部、高校生の部それぞれ約20作品を選出。二次選考で4人の外部審査員により各賞を決定した。

 例年通り、映画化やドラマ化された作品やベストセラー、絵本などを題材にした作品が多く、「今年は立体的なものなど仕掛けのあるPOPが増えた」と総務企画課の吉田裕さん。「高校生は文章が長いものが多いが、中学生はコンパクトに伝えたいことをまとめている」と話す。「POPを見て読んでみようという気になってもらえたら」と、会場には作品の題材となった図書も並べて紹介する。

 開館時間は9時~19時(土曜・日曜・祝日は17時まで)。月曜休館。11月7日まで。