見る・遊ぶ 学ぶ・知る

東大阪で「ワークショップアカデミー」 ものづくりを体感、モンスターエンジンも

「ワークショップアカデミー in 花園中央公園」

「ワークショップアカデミー in 花園中央公園」

  •  

 花園中央公園噴水広場(東大阪市吉田、東大阪市花園ラグビー場南)で11月18日、「ワークショップアカデミー in 花園中央公園」が開かれる。

 「ゆるキャラグランプリ2018」の開催で市内外から多くの人が訪れる機会に、「モノづくりのまち東大阪」をアピールしようと企画した同イベント。ATC(大阪市住之江区)やあべのキューズモール(阿倍野区)などで展開する子ども向けワークショップ「ワークショップアカデミー」を企画するキッズプロジェクトと東大阪ブランド推進機構が協力し、ものづくりに特化したワークショップをそろえた。

[広告]

 当日は、コノエ(新庄西)のドライバーやねじを使って世界に一つだけのロボットキャラクターを作るワークショップや、ミノル化学工業(衣摺1)のまつぼっくりとプラスチックの原料を使ったオリジナルクリスマスツリー作り、マツダ紙工業(衣摺5)の段ボール組み立てチャレンジ、ロブテックス(四条町)のプロ向け工具を使ったキャラクター作りなど8種類。14時ごろからはお笑いコンビ「モンスターエンジン」も登場し、イベントを盛り上げる。

 会場では、「きる」「はこぶ」「くみたてる」「つなげる」の4つのキーワードで東大阪産の製品を実際に触って体験できる「タッチ&プレイゾーン」やクイズラリーのほか、「ラグビーのまち」にちなんだ菓子を製造販売する「東大阪ショウテンズ」から11店舗が参加し商品を販売。東大阪の製品販売、創業100年を超える長寿企業の紹介展示なども行う。

 東大阪市経済部モノづくり支援室の本田敬祐さんは「モノづくりのまち東大阪で生まれた私たちの生活を支える製品を、見て、触れて、体験して、『東大阪のモノづくりってすごい!』と感じてほしい」と話す。

 開催時間は9時~16時。ワークショップは当日予約制。受付時間は、午前の部=9時~、午後の部=13時~。参加無料。雨天決行(警報発表時中止)。