食べる

東大阪で「Rugbyバルスタンプラリー」 ラグビーグルメを食べて市内周遊を

「東大阪Rugbyバルスタンプラリー」

「東大阪Rugbyバルスタンプラリー」

  •  

 東大阪市内のラグビーグルメを提供する店を巡る「東大阪Rugbyバルスタンプラリー」が10月26日、始まった。主催は、一般社団法人東大阪ツーリズム振興機構(東大阪市荒本北1)。

cafe&gallery K2ひょうたん山の秘密の部屋「ラガーマンのお子様ランチ」

 同機構では、東大阪市花園ラグビー場の改修後初の試合となった日本代表対世界選抜戦や「キヤノンブレディスローカップ2018」パブリックビューイング、11月17日・18日の「ゆるキャラグランプリ2018in花園」など、市内外から多くの人が来街する期間に合わせ、体験型観光プログラム「ひがしおおさか体感まち博2018プレ」を開催しており、東大阪の多様な食を発信し市内を周遊してもらおうとスタンプラリーの同時開催を企画した。

[広告]

 参加店は、近鉄奈良線・布施駅~瓢箪山駅周辺の飲食店と食物販店49店。That’s Pizza(東大阪市長堂1)の「ラグビーボールのような包み焼きPizza」(1,100円)や、さぬき志度(喜里川町)の「すき焼き風花園うどん」(910円)、cafe&gallery K2ひょうたん山の秘密の部屋(客坊町)の「ラガーマンのお子様ランチ」(ポタージュ・ドリンク付き1,300円)など、各店がラグビーをイメージしたメニューを提供する。「クリーンブレイクしゃぶしゃぶ鍋」「ノックオンバーガー」「ノッ鳥リース・ザ・丼」など、ラグビー用語を冠したユニークなメニューも。

 回った対象店舗の数により賞品を用意するスタンプラリーのほか、ラリーシートまたはイベントで配布する「東大阪ツーリズムトレカ」を持参すると受けられる特典も用意する。トレカの配布場所は後日、同機構と東大阪の観光ナビサイト「東大阪体感ナビ」で告知する。ラリーシートの設置場所は、スタンプラリー参加店舗と東大阪市役所本庁舎1階、市内7カ所の行政サービスセンター。同機構のサイトからもダウンロードできる。

 同機構の西田康裕事務局長は「各店でおいしいものをたくさん用意してくれている。特典もあるので、こぞって参加してほしい」と呼び掛け、「今後もこういう取り組みをしていくので楽しみにしてほしい」と話す。

 11月25日まで。スタンプラリーの応募締め切りは12月3日。