見る・遊ぶ

関西独立リーグ、東大阪「ゼロロクブルズ」が村田新監督迎え練習始動 3月に開幕

キャプテンの上村健斗選手

キャプテンの上村健斗選手

  •  

 関西独立リーグに所属する東大阪の野球チーム「06BULLS(ゼロロクブルズ)」が2月1日、本拠地の花園セントラルスタジアム(東大阪市松原南)で練習を始めた。

村田辰美監督

 昨シーズンまでBFL(ベースボール・ファースト・リーグ)の名称で3球団が所属していた同リーグ。今シーズンからオリックス・バファローズなどで活躍した大西宏明監督率いる「堺シュライクス」が加入し、リーグ名称が関西独立リーグに変わった。

[広告]

 村上隆行前監督の退任に伴い新監督に就任した村田辰美監督は、これまでにも練習を見に来たりしていたが全員が集まって練習するのは今日が初めて。「プロ野球界では2月1日が元日で当時は自分の目標を立てていたが、どういうチームにしていくかワクワクしている。こういう野球をしていくという具体的なところはこれからだが、点は取れるチームなので1点をどう抑えていくかということをしていく」と話す。

 練習初日の選手を見て、「かなり練習してきているなという印象。昨年より体ができあがっているので早く実践に入れそう」と村田監督。「選手に優勝したいという気持ちがあるので、勝ちに行くと伝えていく」と言い、「勝たないとファンは来てくれないし、勝てば来てくれる。選手には複数ポジションを練習させてオーダーを組んでいきたいので、選手にもアピールしてもらいたい」と話す。

 今年もキャプテンを務める上村健斗選手は昨年を振り返り、「開幕戦は良かったが詰めの甘さが練習からあり、それが結果につながった。独立リーグは特殊で、それぞれが優勝よりもNPBを目指しているのが難しいと感じた」と話す。「チームワークが一番大事。どれだけ個人で活躍しても勝たなければ面白くないので、野球が楽しいということの再認識から始めた」とも。

 個人成績では2年連続リーグトップの盗塁数を誇る上村選手は「盗塁にはこだわっている。昨年は打率も上がったので今年も継続して上回るようにし、今年も盗塁トップを目指してゲームを盛り上げていきたい」と意気込む。

 チーム目標には「打率トップ5のうち4人はブルズで、それで最下位。失点・失策が多く課題が明確になった。村上前監督の『いてまえ打線』は引き継ぎ昨年を上回る打線を目指し、ピッチャーで活躍していた村田監督のもと、投手力と守備力を上げていきたい。キャンプでチームワークを深め、シーズン通して一緒に戦っていけるチームにしたい」と話す。

 開幕戦は3月31日10時から、花園セントラルスタジアムで和歌山ファイティングバーズと行う。14時からは兵庫ブルーサンダーズと堺シュライクスが対戦する。