食べる

東大阪の小阪・八戸ノ里で「なのはなバル」 リストバンドでバルメニュー注文

実行委員長の吉本信一さん

実行委員長の吉本信一さん

  •  
  •  

 近鉄奈良線・河内小阪駅・八戸ノ里駅周辺で10月20日、バルイベント「第7回小阪・八戸ノ里なのはなバル」が開かれる。

 地域活性化と個人経営飲食店のつながりをつくることを目的に、2013(平成25)年3月に初開催した同イベント。イベント当日だけでなく、「なのはなバル」の名前で市内イベントに合同出店するなど、回を重ねるごとに店同士の交流が深まっている。

[広告]

 今年は、スパイスカレーとグラスワインを提供するイタリアン「Aragosta(アラゴスタ)」(東大阪市小阪1)や、昨年10月にオープンした「IRORI COFFEE ROASTER」(同)、今年2月にオープンした「らーめん・まぜそば 麺屋ゆいまる」(小阪本町1)、居酒屋「茶居夢」(小阪1)、居酒屋「鶏焼商店 一歩」(御厨南3)、カラオケ喫茶「るんるんるん」(同)、居酒屋「HIYOKOYA UEDA」(中小阪2)の初参加7店舗を含む約40店が参加。テークアウト商品を販売する食物販店や観葉植物などの物販店、キックボクシング教室なども参加する。

 昨年同様、参加にはリストバンド型参加証(前売り=600円、当日=700円)の購入が必要で、リストバンドの提示で1,000円相当のバルメニューを500円で注文できる。前売りリストバンドは10月16日まで参加店で購入できるほか、インターネットでの予約も可能。10月12日~14日の10時~18時には、ライフ八戸ノ里店(小阪2)で前売り販売する。

 当日は、ライフ八戸ノ里店でミニコンサートを開くほか、八戸ノ里駅南側の山三エイトビル1階で巨大トントン相撲「なのはな場所」を開催する。バル当日から11月30日までは「なのはなバルスタンプラリー」を開催し、参加店5店を回ってスタンプを集めた応募者に賞品を進呈する。

 実行委員長を務める「ESORA@食」(小阪2)の吉本信一さんは「街がお祭りのように盛り上がるために毎年開催している。初参加の店も増えているので好みの店を見つけてもらえたら」と参加を呼び掛ける。

  • はてなブックマークに追加