暮らす・働く

東大阪市、婚姻届提出日に日本夜景遺産認定展望フロアで挙式するカップル募集

婚姻届を提出した後に市役所で挙式ができる「届け出挙式」

婚姻届を提出した後に市役所で挙式ができる「届け出挙式」

  •  
  •  

 東大阪市が現在、12月25日に市役所庁舎内で「届け出挙式」を行いたいカップルを募集している。

 「届け出挙式」は、市役所に婚姻届を提出したその日に市役所庁舎内で結婚式を挙げるサービス。東大阪市では昨年初めて行った。「クリスマスに結婚をしようと考えていたところ、届け出挙式を知って申し込んだ」「妊娠中で結婚式は難しいと考えていたが、届け出挙式を知った」など、昨年は2組募集のところ3組の応募があり、3組が届け出挙式を行った。

[広告]

 挙式は人前式で、所要時間は15分程度。司式者である野田義和東大阪市長の前で誓いの言葉を述べ、結婚誓約書にサインする。指輪交換や列席者のあいさつなど、申込時に項目を追加することもできる。服装は自由で、簡単にドレスアップできるよう、ベールやブーケ、ブートニア、花冠などのアイテム貸し出しも行う。各家10人程度まで列席者を呼ぶこともできる。

 対象は、東大阪市に12月25日付けで婚姻届を提出する人で、新郎新婦のいずれかが市内在住であることが条件。募集組数は2組程度。無料。当日、窓口で婚姻届の提出をした後、18時~19時ごろに行う予定。

 経営企画部企画室の朝田良輝さんは「会場は日本夜景遺産にも認定された総合庁舎22階展望フロア。さまざまな理由で結婚式はせずに婚姻届だけ出そうと考えている方に、大阪都心部が一望できる幻想的な夜景が見られる庁舎で、クリスマスの夜に愛を誓えるこの機会をぜひ検討いただければ」と話す。

 申込期限は12月6日必着。

  • はてなブックマークに追加