食べる

東大阪・近畿大学近くに台湾まぜそば「麺屋こころ」 関西初出店

麺屋こころ 長瀬店「台湾まぜそば」

麺屋こころ 長瀬店「台湾まぜそば」

  • 0

  •  

 近鉄大阪線「長瀬駅」近く、通称「近大通り」に11月11日、台湾まぜそばを提供する「麺屋こころ 長瀬店」(東大阪市小若江1、TEL 06-4307-5301)がオープンした。

店舗外観

 鷹の爪とニンニクで炒めたピリ辛の「台湾ミンチ」などをのせた汁なし麺「台湾まぜそば」。名古屋のご当地麺で、中川区に本店を構える「麺屋はなび」が発祥といわれる。名古屋出身で、「麺屋はなび」で修業した石川琢磨さんが「関東のお客さまにも食べてほしい」と2014年1月、1号店となる「麺屋こころ本店」(東京都大田区)を開店。高田馬場店、溝の口店、御茶ノ水店と順次オープンし、今回初めて関西に上陸した。

[広告]

 店内はカウンターのみで席数は10席。メニューは、台湾まぜそば(780円)、塩まぜそば(810円)、チーズ入りカレー台湾まぜそば(940円)など。汁ありでは、塩味玉(840円)、塩台湾ラーメン(780円)など。「麺の量が多めなので、女性は麺を50グラム減らし味玉半分をサービスする台湾まぜそば麺少なめ(780円)を選ぶ人が多い」と店長の多井清人さん。トッピングは、ゴロゴロチャーシュー(230円)、ニラ増し、味玉(以上100円)など10種類以上をそろえる。台湾まぜそば全部のせは1,180円で提供。

 テーブルにはこんぶ酢を置き、途中からまろやかな味を楽しむことができるようにする。残ったタレとスープに入れる「追い飯」は無料。学生は、九条ねぎ、味玉半分、メンマ、チーズから1つ、無料トッピングを選ぶことができる。

 「今はオープンしたばかりだが、ゆくゆくは長瀬店限定メニューも作りたい」と多井店長。

 営業時間は11時30分~16時、18時~22時(日曜・祝日は21時まで)。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home