見る・遊ぶ

近鉄ライナーズに新キャラクター「ラビナーくん」 SNSでの情報発信担当

広報担当の「ラビナーくん」

広報担当の「ラビナーくん」

  •  
  •  

 東大阪市花園ラグビー場(東大阪市松原南1)を本拠地とするジャパンラグビートップチャレンジリーグ「近鉄ライナーズ」が9月2日、「ラビナーくん」を広報担当に任命した。

 ラビナーくんは、花園ラグビー場周辺に住む小心者のウサギ。強い近鉄ライナーズに憧れ入団を志願するもかなわず、チームの情報を収集して発信していたところ、同チームが興味を持ち広報担当に任命した。

[広告]

 特徴は、選手のジャージーと同じ、えんじと紺の横縞のシャツ、駅員風の帽子、ラグビーボールのような耳。特技は、ウサギの特性を生かしたカット&チェンジオブペースと、長い耳を生かした情報収集力。愛称はラビ。

 ラビナーくんは今後、ツイッターやユーチューブチャンネルなどファンクラブ公式のSNSアカウントで情報を発信。「近鉄ライナーズのファンがより一層増えるような話題を提供できるように、特技を生かして情報収集し発信していく。夢がかなうように頑張りたい」と意気込む。ラビナーくんの夢は「近鉄ライナーズのユーティリティバックスになること」。

 近鉄ライナーズ広報担当の日下穂高さんは「新しい広報担当のキャラクターとして、かわいさを生かした、より一層の情報発信を期待している」と話す。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ