3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う 暮らす・働く

東大阪・河内花園で新型コロナ休校の子ども支援 弁当やランチサービスなど

お野菜料理ふれんちんの白山登茂和さん

お野菜料理ふれんちんの白山登茂和さん

  •  
  •  

 河内花園エリアの飲食店が現在、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた臨時休校を受け、昼食提供支援に取り組んでいる。

お野菜料理ふれんちんの「こどもランチBOX」

 花園本町商店街内の地産地消フレンチレストラン「お野菜料理ふれんちん」(東大阪市花園本町1、TEL 072-961-4910)では、2016(平成28)年から毎月1回、子ども食堂「こどもsmile!!レストラン」を開催。店主の白山登茂和さんは「コロナウイルスの感染拡大で子どもを集めて開くことに不安を感じた。休校で家にいる子どもに食事を提供し、親の負担も減らすことができれば」と、こどもsmile!!レストランはいったん休止し、「こどもランチBOX」(400円)の販売を始めた。

[広告]

 こどもランチBOXの内容は日替わりで、こどもsmile!!レストランの開催時にも規格外野菜を安く提供する農家の協力もあり、800円相当の弁当を400円で販売する。「作っているうちに量が多くなってきたので親子で一緒に食べていただければ。休校期間中の販売を予定しているが需要があれば続けたい」と白山さん。購入した人からは、「助かる」「毎日コンビニ弁当やカップ麺ばかりより安心」などの声が寄せられているという。販売は平日の11時30分からで、なくなり次第終了(3月16日休み、月曜不定休)。予約なしでも購入できるが、予約する場合は前日までに申し込む。

 「kitchen SAWASAWA(キッチンサワサワ)」(花園本町1、TEL 072-964-4457)では3月5日~14日、ランチ営業と通常の「子ども学習カフェ」(1回1時間1,000円)を休み、9時~15時の間、学習スペースとして開放する(利用料金・1日=1,000円)。「それぞれ宿題を持ち寄るほか、家庭科や図工などの副教科を取り入れながらみんなで勉強している」と店主の峯開美(みねひろみ)さん。通っている児童の一人は「学校は休みだが、友だちやひろちゃん(峯さん)といるから楽しい」と笑顔を見せる。

 16日からは、「ここに集まってくれている子どもたちがお母さんと一緒に来れる方がいいのでは」と、学習スペースは休んでランチ営業を再開する。日替わりランチ(1,100円)大人1人の注文につき、小学6年までの児童1人の「お子さまランチ」または「赤ちゃん野菜うどん」を無料で提供する。営業時間は11時30分~14時30分。日曜定休。なくなり次第終了。3月31日までの予定。