3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う

東大阪の3店舗が一日限定コラボ懐石弁当販売 売り上げ金一部を寄付へ

写真左から和顔施の中野さん、酒場 安仁屋の安仁屋さん、肉安来やの坂井さん

写真左から和顔施の中野さん、酒場 安仁屋の安仁屋さん、肉安来やの坂井さん

  • 454

  •  

 東大阪市内3店舗がコラボする懐石弁当「くわっちー弁当」が5月3日、河内小阪駅近くの「酒場 安仁屋」(東大阪市下小阪1、TEL 06-4308-4770)で販売される。

3店がコラボした「くわっちー弁当」

 豚しゃぶ・和食の「豚魚酒菜処 和顔施(わがんせ)」(足代新町、TEL 06-7504-8056)、島根県産の黒毛和牛を中心とする肉居酒屋「肉 安来や(やすぎや)」(御厨栄町2)、沖縄料理・海鮮料理の「安仁屋(あにや)」がコラボする豪華懐石弁当。

[広告]

 和顔施の店主・中野順一さん、肉 安来やの坂井聡さん、酒場 安仁屋の安仁屋辰拡さんは、それぞれ互いの店に飲みに行ったり、以前の職場が同じだったりする仲で、4月2日に安仁屋さんが店をオープンしたことからコラボイベントを企画していたが、開店後すぐに緊急事態宣言が発令され、営業自粛が求められた。

 約3週間前、「今はイベントはできないが、このご時世だしお弁当はどうか。一人前の豪華なお弁当を作ろう」と企画。それぞれが得意とする料理やコラボメニューを開発し13品で構成した。

 内容は、和顔施のイベリコ豚を沖縄料理にしたイベリコ豚のラフテーや、島根牛と純粋金華豚のハンバーグデミグラス煮込みなど、各店で使う食材と調理法でコラボしたものや、沖縄産食材の天ぷら、穴子やウニ、イクラなどをのせた海鮮ちらし、島根牛のたたき、純粋金華豚のローストなど。「量が多いのでラフテーとハンバーグは真空パックで渡し、冷凍して後日楽しんでいただくこともできる」と中野さん。7,560円相当の弁当を5,400円で販売し、売り上げの10%を医療現場を支援するピースウィンズ・ジャパンに寄付する。

 当日は17時30分から店内飲食も可能。店内ではそれぞれ出来立てをコース仕立てで提供する。店内飲食は密接を避けるため8組程度。持ち帰り・店内飲食共に5月2日までに電話予約が必要。予約は、安仁屋、和顔施で受け付ける。デリバリーの相談にも応じる。

 3人は「ゴールデンウイークなのにどこへも出掛けられないので、豪華なお弁当を家族でシェアして楽しんでほしい。3店舗のいいところをギュッと詰め込んだので3店舗分楽しめる。終息したらまた3人で集まってコラボイベントをしたい」と話す。

 弁当の受け渡し場所は酒場 安仁屋。受け渡し時間は5月3日12時~20時。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home