見る・遊ぶ 学ぶ・知る

東大阪で「帝国キネマ」100周年イベント 昭和初期のヒット作を活弁ライブ上映

帝国キネマ100周年記念イベント「活動写真弁士とピアニストによるライブ上映会『何が彼女をそうさせたか』」

帝国キネマ100周年記念イベント「活動写真弁士とピアニストによるライブ上映会『何が彼女をそうさせたか』」

  • 74

  •  

 映画「何が彼女をそうさせたか」の活動写真弁士とピアニストによるライブ上映会が11月29日、東大阪市文化創造館(東大阪市御厨南2)ジャトーハーモニー小ホールで開催される。

 「帝國キネマ演藝」は、1920(大正9)年に山川吉太郎が大阪で設立し、東大阪市内の小阪撮影所で活動写真の制作を開始。1928(昭和3)年には「東洋のハリウッド」と称された長瀬撮影所を開設し、1929(昭和4)年には長瀬撮影所で「何が彼女をそうさせたか」が制作された。翌年の1930(昭和5)年2月に「何が彼女をそうさせたか」が封切りされると空前の大ヒットを記録し、「キネマ旬報」優秀映画投票第1位を獲得したが、同年9月、火災により長瀬撮影所が消失。1931(昭和6)年、帝国キネマの名は消滅した。

[広告]

 帝国キネマで制作された映画はほとんど残っておらず、100周年記念イベントでは、創業者・山川吉太郎の孫・山川暉雄さんがロシアから持ち帰り、おもちゃ映画ミュージアム代表理事・太田米男さんが復元した映画「何が彼女をそうさせたか」を、活動写真弁士・大森くみこさんとサイレント映画伴奏ピアニスト・天宮遥さんを迎え、ライブ上映する。

 上映の前には、作品を復元した太田さん、帝国キネマ創業者のひ孫・山川雅行さんが復元プロジェクトのエピソードを交えながら帝国キネマの歴史をひもとくスペシャル対談を行う。

 開催時間は13時30分~16時15分。参加費1,500円(申込時に支払い)。定員100人(申し込み先着順)。

 当日9時30分~11時45分には関連プログラムとして、当時映画のロケが行われた長瀬川周辺や長栄寺、鴨高田神社などを歩いて巡る「帝国キネマ100周年記念 ロケ地周辺をまち歩き」を開催する。参加費500円(土産、資料代込み)。定員30人。

 東大阪市国際観光室の朝田良輝さんは「東大阪で制作されて大ヒットした幻の作品があり、復元したものを見ることができる。東大阪が映画の都だったと知ってもらい、愛着を持ってもらえたら。今、話題の活弁士とピアノ演奏によるライブ上映はなかなか見られないのでぜひ見てもらいたい」と来場を呼び掛ける。

 申し込みは10月15日から、「ひがしおおさか体感まち博2020」のウェブサイトで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home