見る・遊ぶ

平成最後の全国高校ラグビー大会、大阪桐蔭が悲願の初優勝 桐蔭学園に勝利

先制トライを決めた大阪桐蔭の伴井亮太選手

先制トライを決めた大阪桐蔭の伴井亮太選手

  •  
  •  

 東大阪市花園ラグビー場(東大阪市松原南1)で1月7日、第98回全国高校ラグビー大会の決勝が行われ、大阪桐蔭(大阪第1)が桐蔭学園(神奈川)に26-24で競り勝ち初優勝を飾った。

終盤まで粘りを見せた桐蔭学園

 昨年大会の準優勝校で今年悲願の初優勝を狙う大阪桐蔭と、第90回大会で東福岡との両校優勝以来、単独優勝を狙う桐蔭学園。

[広告]

 試合は前半7分、大阪桐蔭のFB(フルバック)伴井亮太選手がトライを決め先制し、同13分にSO(スタンドオフ)嘉納一千選手がトライとゴールを決め12-0とリード。その後、ペースをつかんだ桐蔭学園が3トライを挙げ、12-17と逆転し前半戦を折り返した。

 後半は開始7分、大阪桐蔭がトライとゴールを決め19-17と逆転。17分にもトライを決めて26-17とし、その後は桐蔭学園の猛攻を受けるも1トライに抑え、26-24で競り勝った。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ