天気予報

15

12

みん経トピックス

東大阪の旧家で創作人形展東大阪でオリVS広島2軍戦

東大阪の商店主らが企画「ラボdeおけいこ」 ベビーから中学生対象に6メニュー

東大阪の商店主らが企画「ラボdeおけいこ」 ベビーから中学生対象に6メニュー

4月から開講する「ラボdeおけいこ」

写真を拡大 地図を拡大

 近鉄奈良線・河内小阪駅近くの多目的スペース「キッズ&ママラボ」(東大阪市小阪本町1)で4月から、月例レッスン「ラボdeおけいこ」が始まる。

 駅周辺の商店街や大阪樟蔭女子大学らで構成する小阪わいわい協議会が昨年から取り組む「キッズファースト商店街事業」。子どもに優しく、商店街の活性化につながるイベントなどを企画している。昨年10月初旬には空き店舗を活用し、親子が集える同スペースをオープンした。

 同スペースではこれまで、大阪樟蔭女子大学が監修し、母親や親子を対象にした子育てや食に関する講座を開講。同大学の各学科の特色を生かし、食育や児童心理、算数講座などの単発の講座を展開してきたが、「より本格的に子どもたちを対象にしたレッスンをしていこう」と、4月から月謝制のレッスンをスタート。ベビーから中学生を対象にした6つのメニューを用意した。

 メニューは、1~4歳を対象とした「リトミック」、パンやスイーツのデコレーションをする「クッキング造形」、正しい発音や発声の基礎、コミュニケーション能力を育む「合唱」、歌やゲームなどを交えてレッスンする「英語」、親子一緒に習う「フラダンス」と、「成長が少しゆっくりなお子さまにも安心して受けていただける」という「サポート」の6つ。「造形のレッスンをするだけでなく、実際にパンやお菓子を作るクッキング造形は、食育・クッキング・造形を一度に学ぶことができる、ほかにはないオリジナルの講座」と、同協議会の伏木義人さん。

 「本格的な講師のレッスンを気軽に受けられるのがラボdeおけいこの一番の特徴。週2回のレッスンなので、いろいろ組み合わせて受講していただければ」と参加を呼び掛ける。

 月謝は2,500円~4,000円。兄弟での受講や2講座受講で300円引き。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

アクセスランキング